地域によってこんなに違う?結婚式のルールやマナー!

>

家同士のために結婚式を挙げる

本来、結婚式というのは家同士の人間達が顔を合わせる儀式だといわれていました。近年ではそれがどんどん稀薄になりつつあると考えられています。しかし北陸・東北地方に関してはその家柄を守る、あるいは古いしきたりと大切にしてそれを受け継いでいます。
どちらの地方も家の力が大きく、名家であればかなりの規模でお祝いをしていたといわれています。
ちなみに結婚式をあげる場所は自宅や実家が多く、身内同士で盛大に行うケースが多いようです。もちろん結婚式場で式を挙げるカップルも多いのですが、その規模には驚かされるばかりです。古いしきたりの中には仏壇参りといったものがあります。これは新婦が新郎宅の仏壇へ行き、祖先へ挨拶を行い認めてもらうという儀式です。

派手で長い結婚式?

北陸・東北の結婚式はしきたりを大切にしているだけではありません。盛大にお祝いをするため、かなり派手に結婚式をあげるケースが多いのです。
福井県では「一生水」という儀式があり、これは始めに新婦が一生枡の中に入っているお酒を飲み、続いて仲人に渡しお酒を飲ませます。その後、杯を叩き割ることでこの家に嫁いだという事、そしてもう帰るところはないという意味が込められているようです。
ちなみに北陸地方は、他の県よりも引き出物が豪華で、全国平均の3倍といわれています。その分祝儀は2~3万円とされていて全国平均になっています。服装に関してもフォーマルドレスやスーツで構いませんが、一部の地域では数珠を使う場合もあります。


北陸や東北地方の特徴は?

この記事をシェアする