地域によってこんなに違う?結婚式のルールやマナー!

>

カジュアルな服装で参加!

九州・沖縄エリアはどちらかというと気温も人も暖かで朗らかな印象があります。結婚式にもそれが反映されていて、服装が平服でもよいケースがほとんどです。
九州の場合は男性が結婚式の費用を多めに出す事が多く、沖縄に限っては折半がほとんどです。
福岡県では結納の際に、酒一升・鯛一匹(尾頭付き)・お茶を新郎が持って挨拶に行くしきたりがあったり、沖縄では結婚式の最後にカチャーシーという、ごちゃまぜという意味合いの踊りをみんなで踊ります。
どちらも他県にはないしきたりですので、他エリアのパートナーは驚くかもしれません。ちなみに結婚式の規模も大きく、300名以上呼ぶというケースも少なくない事からホテルや式場で行うのがメインです。

祝儀は如何ほど?

このエリアは、多くの人数を呼び盛大にお祝いをするのが特徴です。そのため、毎月のように結婚式に参加したり、贈り物を送ったりするケースもあります。そのため祝儀は他県に比べると安く、1万円が平均とされています。引き出物に関しても5000円~1万円程度で、これも数多くの結婚式に参加する事を見越してのスタンスではないでしょうか。
ちなみに本州では両親が会場の後ろに座るのが一般的ですが、沖縄の場合は一番前が親族の席となっています。
このような小さな違いがありますので、事前によく話し合っておくと良いでしょう。また結婚式の締めには博多締めと呼ばれる手拍子で終わるのが多いのですが、選挙などの手拍子と違い手を合わせるのは一度のみです。


九州・沖縄エリアの特徴を知る

この記事をシェアする