地域によってこんなに違う?結婚式のルールやマナー!

>

会員制だから負担が少ない

北海道は元々明治時代に開拓民によって開拓された土地で、この地自体の歴史は浅いといわれています。ちなみに結婚式の特徴は、会員制でお祝いをしたい方が集うといったスタンスです。これは開拓民同士が結婚する際に、集会所や公民館を使ってお祝いをしたのが始まりといわれていて、パーティのような気軽さで参加できます。
交通費や宿泊費の負担もないですし、引き出物に関しても1000~3000円程度で基本的にはお菓子がメインです。このカジュアルさは正に「新郎新婦を祝いたい方が参加する」といえます。
服装に関しては、着物などでもよいですがほとんどの方がフォーマルドレスやスーツといった服装で、フォーマルなカジュアルスタイルで良いでしょう。

祝儀がない結婚式?

北海道ではほぼ当然のルールですが、他の県からすると驚かれる事があります。それは祝儀がないという点です。結婚式に参加するための会費のみで良いので、こちらとしては負担が軽いといえます。かといってお世話になっている方や、仲の良い友人、家族であれば個別に祝儀を渡すケースもありますが必須ではありません。
会費についても1~2万円となりますので、気軽に参加できるのも特徴の一つです。規模は100~300人とかなりの規模がメインですが、近年ではこぢんまりとした結婚式を挙げたり、籍のみで結婚式はしなかったりするパターンも増えています。
家同士のつながりというよりは、新郎新婦を祝ってあげたい方が参加するパーティのようなものだと考えると良いですね。


どうしてエリア毎に結婚式の方法が違うの?

この記事をシェアする